第33回勉強会『革製Dパック製作』中級者対象

LINEで送る

今回は、型紙切りから制作まで一通りこなせる中級者を対象にした勉強会です。リュック写真

写真のDパック(リュックサック)を4回の講義で完成させていただきます。まず型紙のコピーを基に型紙切り、革の裁断、革漉き、縫製、仕上げまでを1回3時間程度の指導を仰ぎながら、ご自身の好みの革、カラーで最後まで一人で完成させていただきます。

申し込みの条件は、オリエンテーション1回と4回の講義すべてに参加でき、自宅または職場、知人宅でミシン縫製が可能な方とさせていただきます。
現在、定員4名のところ2名の参加者が決まっており、2名の問い合わせをいただいております。参加者全員が同等のレベルであることが望ましい為、希望者の条件やスキル等を精査させていただきます。
希望者は6月15日までにメールかお電話で問い合わせください。
E-mail: info@bagyard.jp
TEL:03-5465-6538  ㈱インディード・クラン内 丹野/狩野

オリエンテーションは6月24日(金)同時開催の『革よろず市』会場でPM15:00より開催いたします。この席にはDパックの型紙とバッグを制作した(有)ジオミウラの三浦社長、講師を務めていただける渡邊氏、BagYard主催者2名も同席いたします。

このオリエンテーションは、受講していただく4名以外の方にも聴講して頂こうと思いますが、スペースの関係上数名となりますので、まだそれほどスキルがないけど是非!聞いてみたいという方は聴講希望と明記し、上記のメールアドレスよりお申し込みください。(必ず、氏名、連絡先をお書きください。こちらから確認のお電話を差し上げます。)

今回のポイントーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回の勉強会のカリキュラムに関して、4月23日に2名のクリエーターの方に参加いただき、意見交換をさせていただきました。16.4.23渡邊先生お二人の悩みの多くは、型紙の取り方&製作の仕方で試行錯誤を繰り返し、相当な時間がかかってしまうということ。そして相談出来る方がいないことや、プロの職人さんにちょっとしたコツなどを教えていただきたいといった内容でした。
そこで、今回のお題は、たくさんの要素が凝縮したリュックサックとなりました。しかし、受講時間3時間程度×4回だけでは完成することは難しいということになり、宿題という形で持ち帰り制作を進め、うまくいかない部分を先生の指導を仰ぐといった形式にしました。
会場となる『qualite カリテ』には旧型の革漉き機とミシンがありますが、4人が同時に作業をすることが難しいうえ、慣れない機械では時間がかかってしまうため、持ち帰って作業できる方限定とさせていただきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


定員    :4名
参加費:¥20,000(5,000×4回)*初回時に全額払い
会場    :『qualite カリテ』
東京都渋谷区富ヶ谷1-37-2 B1

 

『革製Dパック製作』スケジュール

6月24日(金) オリエンテーション 列席者:渡邊氏、狩野氏、丹野氏
Dパックの型紙とバッグを制作した(有)ジオミウラの三浦社長に型紙の説明をしていただきます。
*受講者4名には型紙のコピーをお渡しします。
*同時開催している革よろず市で製作用革を購入してください。(もちろん自前の素材でもOKです)
*第1回講義の開始時間や諸々の事を受講者と相談しながら決めていきます。
宿題:自宅で型紙を切って第1回講義に持参していただきます。

7月10日(日) 第1回講義 講師:渡邊氏
渡邊先生に各自の型紙のチェックをしていただき、革の裁断に取り掛かります。
宿題:
裁断しきれなかったものやパーツの加工などを次の講義までに自宅で作業してきてください。
*次回講義日については、受講者の都合に合わせて決定していきます。

第2回講義 講師:渡邊氏
下仕事や革のパーツの加工、革漉きに取りかかります。
宿題:
講義中にやり切れなかったものは自宅で進め、縫製できるものは縫製しておいてください。

第3回講義 講師:渡邊氏
うまく出来ない部分やコツなどを渡邊先生にご指導いただきながら進めます。
宿題:
講義中にやり切れなかったものを自宅で進め、ほぼ完成に近づけてください。

第4回講義 講師:渡邊氏 列席者:狩野氏、丹野氏、
うまくできなかった部分の補正、最終仕上げをしていただき、最後に講評時間を設けます。

【 渡邊氏 】
職人でありながら千住で『渡邊鞄』というバッグブランドの代表をされています。
杉野学園で特別講師をされており、その生徒さんを弟子として工房に受け入れています。
http://watanabebags.jp/

【三浦氏】
(有)ジオミウラ代表
レディースからメンズ製品まで、自らサンプルを制作し、生産している2代目社長。昨年9月の革よろず市に同時開催した『型紙の作り方』の講師を務めていただき、緻密な型紙づくりと気さくな人柄で好評を博しました。その際のレポートは下記よりご覧ください。

第24回勉強会「型紙の作り方」レポート

 

LINEで送る