<募集は終了しました。>
第44回勉強会 2017年7月12日(水)
『栃木レザー工場見学会』

LINEで送る

毎回大好評の『栃木レザー』工場見学会を今年も行います!

日本屈指のタンナーである栃木レザーさんの工場を見学させていただける貴重な勉強会です! 巨大なドラムやピット槽があり、目の前で皮が革になる工程を見学する事ができます。 多くの日数を費やし、どの様なたくさんの工程を経て革を鞣していくのか教えていただきます。 みなさまのご参加をお待ちしております!

日時 2017年7月12日(水) (見学会は10:30~14:00の予定)
集合場所 JR上野駅公園口 横断歩道を渡り右側100m先の駐車場 AM8:00集合時間厳守!!
定員   : 20名様先着申し込み順となります)
参加費5,000円(当日払い)【 費用に含まれるもの:集合場所からの交通費、昼食代】
連絡先:見学会当日のご連絡はバッグヤード事務局の担当:狩野(090-8850-9661)まで

見学会の流れ

① JR上野駅の公園口改札を出たすぐ前の横断歩道を渡り、右側100mほど先の駐車場にマイクロバスを停車させておきますので、8:00am時間厳守で集合して下さい。
(現地集合も可能ですので、ご希望の方はお申し込みの際ご相談下さい。)

参加費用はその際に現金にてお支払い下さい。8:15am 栃木レザーの工場へと出発します。
(当日の道路事情により、到着時刻が大幅に遅れる可能性がある事をご了承下さい。)

② 到着後、皮革産業や革についてのお話しを伺ったのち、工場見学のスタートとなります。革を作る作業では常に水を使います。下が濡れているところもありますので滑りにくい靴などがオススメです。山積みの輸入原皮、塩漬けされた原皮の水洗い、石灰による脱毛、タンニン材の入った圧巻のピット槽、大きなドラムなど皮を鞣す作業を順番に見て回ります。(前半スタートしてすぐの原皮を見るあたりでは、多少ですが獣臭がありますのでご了承下さい。)

 前半終了後、昼休憩を入れ参加者全員で近くのレストランへ食事に向かいます。革に関係する業界の方はもちろん、革関連以外の様々な業種の方、遠方から参加された方など、実に様々な方が集まりますので、革を話題に多くの方とコミニュケーションを計りましょう。

 後半の見学は、お馴染みの革に仕上がっていく工程を見て回ります。加脂、伸ばし、染色、脱水
などの工程を経て、ヘラやハンドセッターと呼ばれる機械を使った手作業の表面仕上げや、光沢を出すためのグレージング仕上げなども見られると思います。自然乾燥している巨大な空間があったり、揉み加工、バタフリなどより細かい種類に作り込む作業や、計量から梱包までの完成まで見学できます。

 タンナーでは毎日大量の水を使うので、排水処理が重要となります。栃木レザーでは、環境に配慮したバクテリア分解による排水設備があり見学コースの一部となっています。

 見学終了後、意見交換の時間を少し取り、その後再びマイクロバスにて上野駅へと戻ります。到着は16:00〜17:00頃の予定ではありますが、帰りは特に渋滞なども考えられますので、到着時刻のお約束は出来かねます。現地解散する事も可能です。

さらに詳しい内容はを知りたい方は、以前行われた見学会のレポートをご覧下さい。

→ 第25回勉強会報告 『栃木レザー工場見学会』レポート

→ 第6回勉強会報告 『栃木レザー工場見学会』レポート

参加ご希望の方は、参加者のお名前、ご連絡先をご記入の上、メールまたはFAXにてお申込み下さい。(現地集合も可能です。ご希望の方はご相談下さい。)

お申込み
Mail:info@bagyard.jp
Fax:050-3730-6771

◆◇◆◇ ご案内はこちらのPDFデータをご利用下さい ◆◇◆◇

LINEで送る