2月18日(土)「革紐を使った四つ編みロープの作り方」ワークショップレポート 


2017年2月18日(土)人気の作家 高橋法子さんが講師を務める、ワークショップが開催されました。

『革紐を使った四つ編みロープの作り方をマスターしよう!』

1ずっと四つ編みを覚えたいと思っていた!とおっしゃる女性が4名、男性が1名、合計5名の方にご参加頂きました。

編めるようになったらいろんな物に応用出来る、とっても便利な革の四つ編みロープ。今回は、2種類の編み方『ダイヤ柄』と『スパイラル柄』、そして、2種類の留め方『まとめ結び』と『四角畳み』をマスターしていただきました。

2

まずはダイヤ柄の編み方から。
最大のポイントは最初の紐の掛け方と、編み始めです。
編めるようになったらとても楽しいのに、最初で挫折してしまう方が多い難しいところ。
皆さん、ご自分の前に編み方のレシピ写真を置き、金具をセットしたらスタートです。

3-1
高橋式の四つ編みは、「4本の紐を仲良く一緒にしてあげましょう。仲間はずれになっている子を見つけたら、仲良しの間に入れてあげましょう。」を繰り返して編んで行く方法です。

4皆さん、紐をよーく見てみると、、、仲間はずれの子がすぐに見つかりました!
「あ この子ですね!」
「そうです! その子を仲良しの間に入れてあげましょう。」

3-2第二のポイントは持ち方。
左右にひっぱっている手は離さない、編む紐(仲間はずれの子)だけ手を離して仲良しの間に入れて下さいね。

高橋さんが編んで見せてくれたのを、もう一度ほどいて編んでみる。
わからなくなったら、もう一度編んでもらって、編んでみるを繰り返して練習します。

5だんだん慣れて来たら、きれいなダイヤ柄が出来るようになりました。 気がついたらとても楽しくて、キーホルダーはあっという間に編み上がり、皆さん「もっと編みたい!」とおっしゃるほど。

7

6

最後はまとめ結びをして仕上がりです。

続いて、スパイラル柄にも挑戦です。

3実は、こちらは最初の紐の掛け方が違うだけ。
編み方は同じなのに、違う模様になるのが面白いですね~

8皆さんダイヤ柄で慣れましたので、柄の出来具合をチェックしながら編めるくらい余裕が出て来ました。

11今度の仕上げは、四つ畳みという方法です。

9最初に大きい紐で拡大した四つ畳みを組んでみて、構造がわかったら、細い紐で組んでみます。

10
みなさん、出来上がった四つ畳を見ているだけだと「わかるようだけど、やっぱりわからないー!」とおっしゃっていましたが、作り方をゆっくり見て、すぐに真似をしてやってみると、思ったよりも簡単できれいに出来ました。
こちらも、しっかりマスターしていただけたようでした。
編み紐は、見ていると難しそうでやる前から混乱してしまう、という一面があるかもしれませんね。
12完成された作品は、作られた方の個性が出ていてどれも素敵です。自分では考えつかなかった配色が、想像もしていなかった色合いになっていたり、フリンジに残した革紐のバランスもいろんな方がいらっしゃって、驚いたり、感心したり。こんな楽しさもワークショップの魅力ですよね。

14チャームの作り方にもアイデアが光っていました。

13
選んだ革紐の違いで表情が変わったり、編み具合で太さが違ったり、同じ紐を使ってもひとつひとつ個性が出て、そこがとても美しい。
だからこそ手作りしたものは、愛着がわいて大事にしたくなるんですよね。

15今回の四つ編がマスター出来たら、紐さえあれば、アクセサリーやストラップはもちろん、既製品の紐だけをオリジナルに変えてみたり、ファスナー金具に編み込んで引手にしたり、ラッピング用の紐を作ったり、アイデア次第で、毎日の生活でいろいろ活用できるのも素敵です。

参加して頂いた方からは「本や図を見ると諦めそうになる編み方も、見せて教えて頂くと全然違いました」というお声も頂き、ご自宅でもさっそく復習して下さっているとのお知らせもいただきました。

また今後も、革と親しんでいただけるワークショップを企画していきますので、ご興味のある方は是非ご参加ください (^o^)/