2017年10月28日(土)革のワークショップ
“バイカラーのレザーブックカバー”レポート

LINEで送る

2017年10月28日(土)幅広いジャンルの作家として活動する 高橋法子さんが講師を務める、革小物ワークショップが開催されました。

午前の部では、色合わせが楽しいバイカラーのレザーブックカバー」
午後からは、タッセルがポイントの「ミシンで作る贅沢な革のがま口ポーチ」を制作していただきました。

今回のレザーブックカバーは、高橋先生のワークショップでは初めての工業用ミシンを使っての制作でした。
本縫いの前にしっかりミシンレッスンの時間もあり、丁寧でわかりやすいご指導のおかげで皆さんミシンを楽しんで制作。
参加者は女性2名、それぞれのお好みの色合わせで素敵なブックカバーが出来上がりました!

それでは、そのワークショップの様子を、5工程に分けてレポートしていきますね。

1:準備


まず、事前にセレクトしていただいた革の組み合わせで、高橋先生に美しく準備していただいた「ブックカバーキット」を受け取って内容確認から。

1背カバー (背表紙)
2 内側カバー (内側~フリーの折り返し)
3 ベルト
4 しおり

秋らしいパープル系を選ばれていたお二人。どんな個性に仕上がるか楽しみですね。

2:パーツの貼り合わせ

縫い合わせる前に、飾り以外の全てのパーツをボンドで貼り合わせ固定します。
先生があらかじめ付けておいた貼り合わせ位置の印を確認しながら、ボンドを付けた後に見やすい様にしっかりと目打ちやチャコペンで印を付けます。

今回ボンドは乾くと透明になる速乾性のものを使用。
しっかりと固定する為に、貼り付ける面の両面に薄く均一に塗り半透明になるくらいまで乾かします。

まず両端をきちんと合わせてから、全体を均一に貼りあわせる事。革は伸びやすいため、片端から押さえていくと最後がずれてしまう事があるので注意です。

貼り合わせと言えども綺麗に仕上げるためのポイントが幾つもあり、皆さん真剣に取り組んでいらっしゃいました。

3:縫製

工業用ミシンは初めて!との事で、まずはミシンに慣れていただく為に試し縫いタイム。
初めはペダルの踏み込みの力加減が難しく、思った以上にスピードが出てしまい皆さん苦戦。
でも、高橋先生つきっきりで丁寧に楽しくコツを伝授!
初めは「きゃ〜!!」と悲鳴をあげながらのミシンも、熱心に練習するうちにコントロールできる様になりました。

まずは2色の革を縫い合わせます。ゆっくりと丁寧に、重ね合わせた革の端から約3mmのところをまっすぐにステッチをかけていきます。
縫い始めと縫い終わりは2〜3目くらい返し縫いをして解けにくくします。

皆さん ものすごい集中力と緊張で、ミシンの後はホッとした表情。
初めての工業用ミシンもとても綺麗にステッチをかけられました。

両方の糸の端を裏面に引き出した状態で1mmにカットし、ライターで軽く炙り糸端を丸め固めて処理します。小さな部分ですが、解けにくく綺麗に仕上げるプロの技に皆さん感動!

4:飾り付け

 


ブックカバー本体やしおりの先に、カラフルな可愛い革のモチーフパーツで自由に個性を出していきます。

5:完成!


お一方はシンプルに大人っぽく、お一方はドリーミーで可愛らしく、それぞれの個性に合わせてとても素敵なブックカバーに仕上がり大満足。
読書の秋!こんな素敵なブックカバーで読書をしていたら注目されちゃいますね♪

今回工業用ミシンに触れた事をとても楽しんでいただけた様で、ご自宅に眠らせているミシンをもう一度使ってみたい!と嬉しそうに仰って頂きました。

さて、高橋さんのワークショップ 次回は未定ですが、開催が決まりましたらまた改めてお知らせいたしますのでお楽しみに~(^^)/
革でものづくりを楽しみたい方、そして革のミシンにご興味のある方もぜひご参加ください!

Bagyardでは、これからも革の物づくりを楽しんで勉強していただけるワークショップ、勉強会を企画していきたいと考えています。気になる方は、HPのメルマガ登録やfacebookにいいねを押していただき、早めに情報をキャッチしてくださいね。

【高橋法子 プロフィール】 https://www.iichi.com/people/noriko_takahashi
【高橋法子 Blog】http://potmum.com/blog/

LINEで送る