<募集は終了しました>2/4(土)第41回勉強会 中級者対象『型紙の作り方/つまみポケット編』


<募集は午前・午後の部ともに終了しました>

型紙を何度か製作したことのある中級者を対象とした勉強会『型紙の作り方/つまみポケット編』を開催いたします。

講師を務めていただくのは、過去にも何度か講師を務めていただいたことのある三浦CROP2
バッグメーカー(有)ジオミウラ代表の三浦氏です。十代のころから先代の仕事を
手伝い、サンプルを作り始めて約20年。現在も、ほぼすべてのサンプルを自ら
製作されており、計算尽くされた緻密な型紙は一見の価値があります。

午前の部は、意外と難しいつまみポケットの方程式を伝授していただきます。午後の部はそのつまみポケットがついたショルダーバッグの型紙の勉強会です。馬革を用いたINDEEDの過去の製品をアレンジした図面をもとに、型紙を製作していただきます。
午前と午後通して参加していただいても結構ですし、午後の部でもつまみポケットの方程式は一通り教えていただけます。

2017年2月4日(土)
午前の部  10:00~12:30 参加費:¥3,000 定員:5名 

つまみポケットはつまむ距離や角度によりイメージが変わります。素材の厚みや硬さなどでも異なるため微妙な調整を必要とし、何度も試作をされた経験をお持ちの方も多いと思われます。
そこで、三浦氏が長年の経験により会得した方程式を伝授していただきながら、実際に型紙を製作していただく勉強会です。
また、本体に一緒に縫いこむタイプやつまみ部分をたたき縫いするタイプなどのバリエーションに加え、微妙な漉きや縫い込みの深さのコツも教えていただきます。

page

 

2017年2月4日(土)
午後の部  14:00~17:00 参加費:¥4,000 定員:5名 

前面につまみポケットがついた舟形ショルダーバッグの型紙を図面をもとに製作していただきます。
参加者には前もって図面を郵送し、自宅で型紙を作成していただき、当日、製品を見ながら三浦氏の型紙と照らし合わせて正しい型紙のつくり方を学んでいただきます。
その後、裁断、漉き、縫製する際の注意点などについて教えていただく予定です。
pageグリットcrop*前面のフラップポケットが底つまみファスナーポケットに変更になります。
天マチ付きの舟形は曲線をつなぎ合わせて立体にしていくため難しい型紙といえます。また、ファスナーエンドの処理と肩紐の取り付け方が隠れたデザインポイントです。この機会にしっかり学習して、いろいろと応用してみてください。

商品の詳細は下記をご覧ください。
【INDEED グリットシリーズ】No.411200

◆持参していただく物
筆記用具、定規、カッターなど、型紙をつくるための使い慣れた道具類

◆申し込み方法
午前or午後の部のどちらかを明記の上、氏名、当日連絡がつく連絡先をご記入いただき、
下記のメールアドレスより事務局宛にお送りください。
MAIL:info@bagyard.jp

会 場:『qualiteカリテ』
東京都渋谷区富ヶ谷1-37-2  B1
http://qualite-indeed.com/
小田急線「代々木八幡駅」、千代田線「代々木公園」より徒歩5分。渋谷駅よりバス 渋63、渋64、渋66、渋69 「富ヶ谷」下車徒歩1分。

 

 

2017.2.4中級型紙の作り方

保存